HOME > 千石 ウナギ整骨院のお知らせ > 2ページ目

千石 ウナギ整骨院のお知らせ 2ページ目

仕事を辞めた/辞めたい/変えたい人へ

大手コンビニチェーンのセブンイレブンが,従来の24時間営業を一部見直しを検討するに至ったと報じられています。
発端は,大阪の店舗が人手不足に苦心した末,時間を短縮したものの,契約との相違が生まれてしまい本社もめてしまったことにあるそうです。意見はさまざま聞かれます。「健康を害してまで働くことはない」「寝る時間は確保しないと」といった,店長さんを気遣う声もあれば,「それも含めて契約」「予期できた範囲ではないか」と厳しい意見もありました。

死ぬ気でやれ!死なないから!
と言って発破をかける場面もありますが,あれも考えものです。今はそれで本当に死んじゃう人がいるんですから。

労使の関係は基本的には契約で結ばれます。雇う側は一人ではできないから人手が欲しく,お金を出すからあなたの時間と能力と労力を貸してほしいと言って募る。雇われる側はお金が欲しく,私の時間と能力と労力を貸すからお金をくれと言って応じる。一応は対等なんですよね。とはいえ,たいていは雇う側が上になります。その方が結果的に物事がうまく回りやすいからです。

あくまでも,物事をうまく回すために便宜上 上下をつけているので間違っても「雇ってやってる」とか「給料泥棒」とかは言うべきでないでしょう。もし去られたら困るのは確かですから。
私も以前言われたことがありますが,「お前の代わりは幾らでもいる」もなかなかです。言われた人は傷つきそうなものですがこれは「お前の代わりは幾らでもいるから,自分が辞めたら他の人に迷惑がかかるなんて余計な気遣いをせず,縛られることなく生きたいように生きなさい。」とも取れるので部下は安心して他を探せばいいのです。その時私はそう解釈して,その日のうちに次を決め,契約上問題ない最速のタイミングで移行しました。「これから入れる仕事などそう簡単には見つからないぞ」とほくそ笑む(元)上司に「あ,このあと仕事なんで失礼します」と言って去ったのは私史上最高の乗り換えだったと思っています。


事実,「職場の代わりは幾らでもある」わけではなく厳しい現実に直面することもありますが,大丈夫です。
自分には資格も能力もないと,後ろ向きになる理由ばかりが挙がることもありますが,それを思う時間に一件でもまわってみると良いでしょう。就活という名前があるから採用が〇で不採用が×だと思ってしまいがちですが,それは違う。のちのちまで心に残る言葉をもらえる面接ができたら〇で,何も残らなかった面接が×なのではないでしょうか。入る入らないはオマケみたいなものです。

お金が欲しければ日雇いで机や椅子は混んだりシール貼ったりボールペン組み立てていてもいいのです。現に私は教員やっていた時より今より,日雇いでテント立てて家でボールペン作りながら株取引やっていたときの方が稼げていました。

退職や転職を奨励するわけではありませんが,もし今ある仕事を手放すこととなった場合も自分を見つめなおす好機と前向きに捉えて頑張りましょう!


あ,花粉症軽減コースのチラシの貼り出しを始めました。ユーザー増えるといいなー。




友人や同僚との関係を修復したい人へ

「大概の問題はコーヒー一杯飲んでいる間に心の中で解決するものだ。あとはそれを実行できるかどうかだ。

あるアニメで,登場人物の軍医が口喧嘩をする2人の怪我人に対しコーヒーを差し出しながら言ったことです。私は感銘を受けました。
喧嘩をしていたのは,正規軍所属とみられる軍人と,ゲリラ兵。原因は政治思想のようでした。双方が自身側の人民の利益を思う(=敵対勢力の損を狙う)と紛争が簡単に始まってしまうわけです。戦争で決めようとするのは今どきナンセンスだけれど,話し合いの場を設けたところで自身で決めた解決方法に相手を乗せることを目指して話し合いを始めたところで決裂する可能性の方が高い。

どこかで聞いたような話です。アニメじゃない ほんとのことさ。

もちろん,コーヒーに特別な効果があるわけではなく,紅茶でもコーラでも,なんなら青汁だって良いわけです。こういったものは2人の間の仲介役を担ってくれます。お互い身構えての対話,第一声を発することはとても難しいものです。まずは飲み物をすすり,カップをテーブルに置くときの音で気まずさをごまかしつつ互いの近況報告からゆっくり始めるのがよろしいのでしょうな。一度始まってしまえば,少しだけお話が転がりやすくなります。

私はこうやって,ちょっとしたことから2年近く絶交状態にあった友人と先日仲直りしました。


もちろん,仲違いした理由もそれぞれだし,別に仲直りの必要性も感じないと思う人もいるかもしれません。私はたまたま,仲違いを放置する必要性を感じなくなったから修復を試みただけです。
友人同士としての横並びの関係であれ,上司と部下のような縦の関係であれ同じだと思います。仲違いを放置するメリットなどそうないでしょう。

ここで大事だと思うことは,はじめから仲違いした原因には触れないことです。男性に多いような気がしますが,どうも決着をつけたがる人がいます。まずはあの件からだ,と。それに乗ってしまうと,状況は仲違い寸前のときと全く同じになり,なんなら関係が悪化するかもしれません。お互いが相手が悪いと思っている場合はなおさら。
解決したい気持ちは抑えて修復を優先し,まずは他の話から。で,場を温めることに成功したらのんびりと機会をうかがいましょう。そうしているうちに「ま、いいか」となったら儲けものです。どこぞの首脳会談程の重要性はないのだから,気色ばむことはありません。



1200円コーヒー

スターバックスコーヒーの新店舗が中目黒にオープンしました。
ニュースでちらっと見ただけなので詳しくはわかりませんが,どうやら1杯1200円するコーヒーや,コーヒーを使った2000円のアルコールドリンクもあるそうです。
コーヒーは好きなので一度行ってみたいと思っています。

そのコーヒーは,豆の価値や立地,雰囲気の良さ,凝った内装など,付加価値が多くあるため一般的にはお高いと思われる値段設定なのでしょう。値段を自由に定められる立場にある人はよく「高くするとお客さんに敬遠されてしまうのではないか…」という不安にかられて安くしてしまいがちですが,付加価値をまず自信で認めてあげて,自信をもって提示するのがよいのかもしれません。自分で言って自分の耳が痛くなっています。
そういえば以前,『100円のコーラを1000円で売る方法』という本を読んだことがあります。当時,仕事をするにあたって大変勉強になった覚えがあります。新社会人さんやまだ慣れていない営業さんとかに良いかもしれません。読みやすい本です。



温かい水に泳ぐデトリタス

☆ご連絡
本日の診療は9時~13時とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


私がお世話になっているクリニックやスポーツクラブにはアクアテラリウムがあり,待ち時間の有無にかかわらずつい見てしまいます。けっこうな時間眺めていても飽きないし,なにより気分が落ち着きます。いいものです。
そこで,当院にもそういったものを置けはしないかとちょっと思うに至り,調べてみました。

自宅でカメを飼っている身としては管理は割と慣れているのですが,人に見せるとなるとそれなりのクオリティが要ります。ただ生き物がいればよいというわけではありません。なのでプロの手が借りられるレンタルやリースを調査。
東京アクアガーデンさんをはじめ,3つほど見てみましたが,小さなものから大きなものまであり費用はだいたい15,000~50,000円と幅広くあるようです。スペースが十分でない当院に置くとなると小さめのものになり,せっかくならそこそこ盛り込みたいとなると・・・平均月額18,000円!
こういうものに経費は落ちない,というかそもそも水道光熱費等を除いて当院が使える経費は上限10,000。軽くオーバーです。

すでにホワイトボードやマッサージクリームや本棚など私物をガンガン使って仕事しておいて今更水槽くらいなんてことないだろうと言われればその通りなのですが(笑)

とりあえず,院に水槽置くのは今ではないという結論に達しました。
そのかわり・・・ちょっと良い値段がするけれど内容も良い本を入れました。

これからの治療が大幅に改善される・・・かもしれません。

さて,先ほどお話しの通り今日は13時で終わりです。いつもの午前と比べて少し院が盛り上がっただけに残念な気もしますが・・・また明日もよろしくお願いします!





アカデミー花粉賞

大事なご連絡です。明日は9時~13時までの診療とさせていただきます。よろしくお願いします。
10年前に一度患った高血圧の後始末のため3カ月に一度,病院で診てもらっています。実際ほとんど問題はなく主治医の先生とお話してお薬をもらうだけです。埼玉県人ですがそこら辺の草以外も食べさせてください。

アカデミー賞の受賞作品が発表され,日本でも話題になった作品が数多く受賞しました。作品リストを眺めながら私は大変なことに気付きました。
目が痒い・・・!どうやら私は花粉賞を受賞したようです。おめでとうございます。

私のようにアカデミー花粉賞をもらってしまった方のために「花粉症対策コース」をご用意しています。始めはあまりに痛がられてしまったため改良し,少し楽に受けられるようになっています。
保険適応ではないので自由診療の枠になりますが,他におケガがある場合は保険治療のあとオプションとして追加できるようになっております。ご希望の方はお気軽にお申し付けください。




花粉症対策コースのご案内

まだ2月ですが,花粉症の話が頻繁に聞かれるようになりました。私も去年,それっぽい症状にかかりかけました。今のところ無事ですが,気が気ではありません。どうか勘違いであってほしいと願っています。

患者さんの中にも,マスクが必須だとおっしゃる方が多くなってきました。くしゃみのし過ぎで首を痛めた方もいます。たかがくしゃみ,されどくしゃみ。1回のくしゃみで消費されるカロリーは全力の100m走1回分に匹敵するという話もあります。連発すると疲れるわけです。また,結構な振動が身体にかかります。ギックリ腰のきっかけになることだってあります。

とにかく,何とかしたいところです。

そこで当院,ここで新しく『花粉症対策コース』を設けます。ネーミングがまるで学習塾ですが,そこは笑って許してください。
すでに当院をご利用の方には発表済です。というより,年末くらいからちまちまと無料でモニターになって頂き,改善に改善を加えてようやく形になったため商品化という運びなわけで・・・。

内容をざっくりお話しますと,
・足から頭まで施術します。
・一部カッピングを使います。
・少しだけ痛いかもしれません。
・30分くらいかけます。

こんな感じです。お題は常設の自費マッサージコースと同じ,初回3000円/以降2000円です。すでに保険/自由ともに当院をご利用の患者さんは2000円でやらせていただきます。普段の治療をお受けになった上で,オプションとして加える場合はプラス1000円で,15分ほど延長して行います。(混雑していたら承れないかもしれません。)

お時間は通常通り,診療時間内はいつでもどうぞです。ご予約では8:30~ もしくは (平日のみ)14:30~ の枠がございます。
あとでポスター作って載せます。





平成31年3月 千石院の日程

気が付くと2月もあと10日もありません。ボーっと生きていてはいけませんね。
こちら2月最終週~3月の予定です。日曜祝日がお休み,土曜が短縮日程というシンプルなものですが,ご確認ください。
今までとの違いが幾つかあります。
・一部時間帯のみではありますが,予約をお受けいたします。
・施術中のお電話は出られない場合がございます。※施術中に電話に出てしまう=中断してしまう なので。。。
・お急ぎでないご連絡はなるべくメールもしくはLINEでいただけるとありがたいです。
メールアドレスは【 sengoku@unahone.net 】
LINEは下のQRコードをお読みいただくとお友達登録画面にいくと思います。よろしくお願いいたします。


サンプルセレクションバイアス

予報では夕方から夜にかけてと聞いていた雨が,お昼にパラパラと降ってきました。洗濯物が乾かない…足元が濡れる…傘が荷物になる…など様々な理由で歓迎されにくい雨ですが,今年に入ってからの降水量は例年に比べ大変少なく,一部では一級河川が干上がってしまったなんてこともある今,これを恵みの雨と感じる人もいることでしょう。雨には変わりないのですが。感じ方など,状況によるし,さらに同じ状況でも人によって評価が変わります。久方ぶりの雨だけれど,やっとできた恋人との初デートの朝に降った雨は舌打ちの対象になるでしょう。繰り返します,雨には変わりないのですが。
さまざまな状況下にある人物が無数にいるわけなので,会話のはじめに「雨・・・憂鬱ですね」「やっと降ってよかったですね」と一方に寄せてかかるのは実はリスキー。足がずぶ濡れになろうと傘のせいで荷物を一方の手で持たざるを得なくなろうと雨が嬉しい人,います。少ないとは思いますが。


実際,私は雨が嫌いではありません。小3の6月,当時好きだったクラスの女の子のお誕生会に呼ばれたのは雨の日でした。結婚式でもないと使わないような服を着て,胸ポケットに白いバラをさして,ドアを開けてもらうと同時に花を渡す手筈・・・だったのですが,ドアを開けたのがすでに到着していた別の女の子で,極度の緊張のためか勢い余って好きでないどころかあまり話したこともなかったその子にバラを渡してしまいました。今とは違い,小学生にはお付き合いするしないといった感覚を持たなかった子が(たぶん)多かったためそれといった特殊な関係にはなりませんでしたが,結果的にバラを渡した子ともちょっとだけ仲良くなれました。いい思い出です。

私は割とレアなケースかもしれませんが,雨についての印象を道行く人に聞いて「嬉しい」「嫌だ」で決を取るとおそらく聞いた日の天気によって結果が変わるでしょう。雨の日を快適に暮らすためのグッズを販促したければ雨の日に憂鬱そうな顔している人にインタビューして「嫌だ」票を集め,「こんな憂鬱な雨を快適に過ごすグッズがこちら!」と紹介をするのが適切で,川が干上がるような日照りの日に同じことやったらきっと残念な結果になります。

さて,これをどうにか自分の仕事に当てはめて使えはしないだろうか・・・!
一流のバイヤーは熱帯雨林でも暖房器具を売る,といいますが,たいていの人は一流のバイヤーにはなれない。もちろん私もなれそうにない。なのでこの,サンプルセレクションバイアスを大いに活用したいところです。

例えば私のような整骨院の人間の場合,深く考えずにイメージするとこんなです。
整骨院によってメインにしている治療は異なるけれど,ウナギは歪みの矯正をメインにしている。→日本中の整骨院患者さんに聞いたらどうかわからないけれど,ウナギの患者さんだけに聞けば,普段かに歪み歪み言われている人が集まり,身体の困りごとは?と聞かれれば8割以上が「身体の歪み」と答えてくれる。それを「患者さん100人に聞いてみた」とタイトルをつけて看板に貼り付ければ,ちょっとした歪み恐怖症の散布に成功します。偏ってはいるけれど,嘘は言ってません。

こんなこと言ってるから,スタッフに腹黒いと言われるんです・・・




トークが苦手な仲間へ

看板は毎朝書いています。基本的には時事ネタを書こうと思っていますが,ネガティブなことや意見が分かれること,政治や宗教がらみのことは避けています。
学校帰りの小学生さんも立ち止まって読んでくれることが多いので,あまり品がないことも書けません。

最近は時事ネタの収穫が乏しいので貯金の切り崩しになってます。で,今日はお日さまの話になりました。
ここに書かれていることは,院内でもよく話されていることです。先日のバレンタインの日はヴァンアレン帯の話が半分,夜の買い込みの話が半分でした。

基本がネクラな私は対話が苦手です。舌足らずでよく噛みますし。文書だと割と饒舌になるのですが・・・。
ここでの仕事で一番苦労するのは問診だったりします。なるべくバレないように頑張ってますが。笑

なので問診から患者さんを笑わせてリラックスさせ,治療と同時に雑談で盛り上げ,笑顔で帰ってもらっている先輩が化け物に見えました。で,いざマネをしようとすると下手で仕方ない。
忘れもしません。私が一番初めに患者さんにふった雑談は「セミの抜け殻」についてです。いや,別に抜け殻に罪はなく,やり方によっては面白いものになるのかもしれませんが,抜け殻が落ちてました。。。で終わったわけですから。我ながら,なんだそのチョイスは!と言いたくもなります。

環境が人を変えるとは言ったもので,最近は当時ほどの大暴投はしなくなりました。黙ったまま治療を終えることもなくなりました。(患者さんが寝ちゃった場合は除きます)
というのも,困ったら身体の話をすればいいわけで。そもそも患者さんは身体を良くしにいらしているわけなので,毎日のように来てくれる患者さんならともかく症状が変わるに十分な日数が開いている場合はそこから入るべきでしょう。

当院にはカウンセラーを目指す人や現役のカウンセラーさんも来てくれます。その場合はほとんど私が聞き手に回ります。先代院長の頃からの患者さんには手技の受け具合を聞いています。施術の提供側だからといって発信側に徹しなくてはならないわけではありませんから。大事なのは,聞かせてもらった話をしっかり覚えていてその次の回に同じことを話させないようにすることでしょうか。こいつ聞いてなかったんだなと思われたら信用なくしてしまいますから。

こういうとき,教師やっててよかったなと思います。いろんな話を助走なしで振って来る生徒ばかり相手していたのがここで生きました。できるかどうかはさておき,やってみるものです。

トークが苦手,何を話してよいかわからない,間違うのが怖い,自信がない・・・全部,よくわかります。私も同じです。
自分から何かを発信しないといけないなどとわざわざ自らハードルを上げずに,喋れる人,喋りたい人に喋ってもらいましょう。案外「そうなんですか!?」だけでも会話がもちます。





会社に〇〇な人がいたら

今日,こちらに来る途中の電車で向かいに座っていた男性が「もし部下が発達障害だったら」という書籍を読んでいました。おそらくこの方は,何かしらの立場にある方で扱いの難しい部下さんをお持ちなのでしょう。発達障害かどうかの診断はお医者さんの管轄なので上司さんが医者でない限り「懸念」の域を超えないのでしょうけれど。

いろいろと腐心なさっていることと思います。お疲れ様です。

ただ,思うのです。もしその電車にたまたまその部下さんが一緒に乗っていて,上司さんがそのようなタイトルの本を読んでいるのを見たとして,どんな気分になるんだろうなと。場合によっては「自分,そんなふうに思われているんだな」と,良い思いはしないかもしれません。本の内容をしっかり読めばまた違う考えに至るのかもしれませんが,とりあえず上司さんへの好感度,信頼度は下がってしまうでしょうね。
私がそれやられたら,とりあえず心は離れます。
英語が苦手な生徒に対し先生が,「英語の上手な教え方」の本を読むのとはわけが違います。

私には現在,一応部下の位置にいる人がいます。業界経験は私の方が乏しいので部下にして先輩かつ先生なのでむしろ教わる立場にある私が「部下がなんちゃら・・・」な本を読むことは当面なさそうですが,もし今後,そういう場面に出くわしたら気を付けなければなりませんね。間違っても目の前で読まないようにしないと。

あ,でも,考え方が違う人との上手な仕事のやり方的な本は読みました。私が変な人だから真人間はほとんど「考え方が違う人」に該当します。必要です。


今日の看板がローカル告知で面白味もなにもないため,昨日の看板載せます。
少なかろうが多かろうが,動植物は大切にしましょう。



<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。