HOME > 千石 ウナギ整骨院のお知らせ

千石 ウナギ整骨院のお知らせ

【大混雑!】台風以上の原因

 最近経験していない規模の台風だったそうで,去った後にその影響の大きさを様々な場面で感じることになった方は多いと思います。本当にお疲れ様でした。

 そして当院,昨日は午前診療に間に合わず午後診療のみとなってしまいました。念のため事前にお知らせ看板を用意しておいたのですが,午前にわざわざ足を運んでくださった患者さんもきっといらっしゃったと思います。ごめんなさい。こういうこともあるという実例を得たので,改善の参考にします。
 
 もちろん,本日はちゃんと朝からやっています。今月に入ってから午前中の盛り上がりが完全に落ち着いてしまっています。それもそのはず。8月は期間限定で通院できていた患者さんが1日あたり5人ほどいらしたわけで,それが終わってしまったのだから普段の当院に戻ることになります。そして理屈はわかりませんが,はやり始めると次から次に患者さんが途切れなくなります。なのでできたら,常に誰かしらの治療をしている状態を作りたい。基本「待つ側」の仕事のつらいところです。
 
 さて,今日は久しぶりにお知らせ以外のお話をしたいと思います。首都圏にお住まい,またお勤めの方のほとんどが先日の台風で大変な思いをされたでしょう。私もちょっと巻き込まれてしまいました。電車の待ち時間が長めにあり暇だったため周りを見ていたのですが,スマホで会社の方と思しき人とお話している方がとにかく多い。「社はどうなっていますか?」「他に誰か来ていますか?」「約束のお時間,ずらせますか?」みなさん,本当に真面目です。午前中に予約受けてなくてよかったーなどと余裕で遅刻なのに安堵していた私とは大違いです。
 
 以前何かの記事だか投稿だかで読んだものを思い出します。「こういう時に社員に何と言うかで会社の良識が測れる。」というものでした。それによると…
 ① 会社を休むように言う→ホワイト企業
 ② 出勤させる→ブラック企業
 ③ 何も言わない→グレー
 ④ 各自の判断に任せる→ク〇企業 ※とても悪い言葉です。
 なのだとか。またこういう時に無理してでも出勤した人は「責任感がある」,休む人は「根性なし」と評されてしまうという話も聞きます。そうなると非常に休みづらい。勤勉といわれる日本人の体質を逆手に取った手法と思えます。ちょっと極端な気もしますが。

 整骨院で働く人たちを毎日診させてもらっていると思います。多くの人が頑張りすぎているのではないかと。夜の時間にいらっしゃる患者さん,ボロボロです。
 首を下に向けるだけで背中に痛みが走るような状態で明日も明後日も長時間パソコン作業をするより,明日休んじゃって明後日「えいやっ!」と元気にやった方が結果的に進んでしまうしミスも少なく済むのでは…?と思ってしまいます。でもおそらく,その時間中そこに居ることも仕事の一つなのでしょう。昔からある言葉に「机に向かう」というものがあります。勉強や仕事に取り組むことを言っているのですが,これ,ちょっと疑問に思いませんか?
 
 言葉の真意の通りに真面目に勉学仕事に勤しむ方もあれば,高校時代の私のように机に向かってはいるものの教科書を盾にして隣の同級生と通信ケーブルつないでポケモンバトルしているような不届き者もいるのです。机に向かうこと自体に価値を与えると,勤勉者と私は近い評価を受けることになります。
 評価が全てではないとは思いますが,高い方が低い方より多くの恩恵を受けやすくなるのが世の中。する方もされる方も,評価の基準そのものを見直すと,健康な人がもうちょっと増えるんじゃないかなと,超満員の通院電車で揉みくちゃにされながら考えたのでした。

14時診療開始を予定しております

電車が不通のため

通勤が出来ない状況です。

14時を診療の開始の目安とさせて頂きますので
ご了承くださいませ


【仕事】マニュアルを読む

 基本的にゲームソフトの説明書は読みません。やりながら覚えていくのも楽しみの一つと捉えているからです。そうすると本来頻繁に使われるはずだった基本的な操作を使わずに終盤まで進んでしまうことがあります。それもまた楽しみです。
 家電製品の取扱説明書も読みません。これは単に面倒だからかもしれません。まずは求めている最も基本的な機能を使わせてほしい。その他の便利機能を無視したまま数年使うなんてことも少なくありません。冷蔵庫に,冷凍庫と冷蔵庫のパワー配分を変更できるスイッチがあることを最近知りました。きっともっとあります。

 そんな私が,今随分しっかり読んでいる取扱説明書があります。「レセコン」という,医療従事者の事務作業に欠かせないツールがありまして,当院ではソフトウェアをパソコンに入れて使用しています。私が当院に配属になる少し前から教わっていたためとりあえず困らない程度には使えてきたのですが,ここ最近の患者さん増加でパターンも多くなり「あれ?これ知らない。どうするんだ?」と引っかかることが幾つか出てきました。そんなときは大抵本院の社長に聞けば済んでしまうのですが,せっかく渡されているマニュアルがあるというのに調べもせずに聞いていては怠慢だと思うに至ったわけです。ましてや今日みたいにとんでもなく暇(夕方なのにまだ1人しか診てない!!)なんて珍しい日はこういうことに腰を据えるチャンスなわけです。(しかし…今日どうしたんだろ)

 するとなんとまぁ,今まで手作業でやっていたある集計が簡単にできることが判明。思っていたよりずっと便利です。「すごい…親父が熱中するわけだ!」などとわかる人にしかわからないネタを口走りながら,直近のカルテから加筆していきます。そしてこれが,良いフィードバックになります。特に,来院が止まってしまった患者さんのことを思い返すのは大事なことです。どうして来なくなってしまったのか?「治ったから」というのはおそらくそう多くはないと思っています。大抵は「優先順位が下がった」「他に行くことにした」でしょう。
 そうしてひとしきり勝手に落ち込んだ後,最近よくお会いする患者さんに思いを馳せます。何がハマったのか?どうすれば更に継続してもらえるか?先代とのバトンタッチで一度地獄みたいな状態を経験した私にとってこういった回顧作業はとてもプラスになります。ここ最近,キャパシティを上回る来院数に余裕を持てずにいたこともありましたが,突然来たたまの暇な時間を得てマニュアルをじっくり読む。悪くありません。勿論,連続しては困りますが。
 
 「マニュアル人間」は,決められたとおりにしか動けない人を揶揄する言葉として使われていますが,マニュアルをマトモに読まず守らずに突き進むのも,あまり良いことではないかもしれません。マニュアルをしっかり読み,まずその通りにできるようになった上で個性を乗っけて工夫する。そう考えるとマニュアル人間は大化けするポテンシャルを持っているのかもしれません。

【感謝】本当のことを...

 先日,長らく当院に通ってくださった患者さんが遠方に発つということで治療を終えることになりました。
 
 大雨の土曜日,診療時間を終えのんびりブログを書いていた時に院の前でチラシを見ていらしたところに声をかけたところ,大変なことになっていたため急遽治療を行ったのが始まりでした。以降ほとんど毎日のようにご来院になり,その度に私もいろいろなお話を聞かせていただきました。腫れあがっていた一番の患部はもうすっかり元の状態に戻り,動作にも不都合がなくなったようで本当に良かったと思います。
 全てのご要望にお応えできたかどうかはわかりません。ですが最終日には丁寧にお礼をいただいてしまいました。もっとお宅から近い院もあったというのに,たまたまその時開いていたというだけで長らく通って貰えて,お礼をしたいのは私の方です。

 と,当院に配属になって初めてフェードアウトではない治療の終了を経験し少々感傷に浸りそうにもなりますが,ここは考えなくてはなりません。果たして,本当に治せていたのか?
 この仕事は多くの患者さんから「ありがとう」「楽になった」といったポジティブなお言葉をいただくことができます。もちろん,それをいちいち「本当にそう思っているのか」と疑ってかかるなんて寂しいことはしません。ですが,治療の結果は視認することができないため患者さんに確認するしかありません。そしてその言葉を参考に今後の治療計画を立てます。
 
 初めて来院した方にたかだか10分かそこらの施術をしただけで,しばらく苦しんでいたつらい症状が「完全に消えた」なんてことはそうそうありません。長い期間で作られた問題点を直すにはそれなりの頻度の治療が要る,と考えている私は,初回で「楽になった」なんて言ってもらえると有難い反面,ちょっと怖くなります。え,いや,まだそれほどのことはしてない…と。なのでお気遣いなく正直におっしゃっていただきたいと思います。
 

 さて、9月になりました。まだまだ残暑が長引くとの予想です。以前のブログで「時期の変わり目」が危ないとお話ししたことがありますが,今がまさに夏→秋の変わり目。しっかり食べてしっかり寝る,生活リズムを変えることなく元気にお過ごしください。
 
 今月も当院は頑張るみなさんのお手伝いをさせていただきたいと思います。


東京オリンピック期間中の交通マヒ等への対策

 来年の今頃は東京オリンピックが終わっています。無事に終わっているといいですね。
 私のような末端の一市民がオリンピックの成否について語れることはありません。ただ当院の運営がマトモにできるかどうかを心配するくらいです。現時点でどうしても気がかりになってしまうのが大きく分けて二つ。交通と言葉です。

 期間中は都内の人の数がどっと増えることが予想されています。ただでさえパンク状態に近い鉄道や道路に更に交通規制をかけることで,あおり運転常習者およびガラケーの女や,閉まる寸前のドアに手を挟もうとする関西のおじいちゃんなどを場外に弾き飛ばそうという算段…かどうかはわかりませんが,ともかく道路も鉄道も大変使いづらいものになることは間違いないそうです。
 ある偉い人は「オリンピック期間は休んでください」と言っていますが,休んじゃった時の損失を補填してくれる感じではないので当院はなるべく診療を行おうと思います。…んまぁ,当院が潰れちゃったりしてなければのお話ですが。
 で,実は少しずつ期間中の対応を考えています。私なんかはもう,帰らずに院にいようかなと。せっかく即席ベッドも患者さんから頂けたことですし。なので診療時間もそこそこ遅くまでできることになります。22時とかでも大丈夫!なんて。
 そして,これは認可が降りるとは到底思えませんが,ベッドを開放して素泊まりの宿として提供するなんてどうでしょう。ベッドなら5つくらいあるので1人5000円くらいで。観戦チケット取れたのに宿が無くて困ってる人が多いみたいなので,悪くない話ですぜ旦那。なお,施術用のベッドなので睡眠中に落下すると結構痛いです。あ,冗談ですよ。やりませんよそんなこと。申請が面倒そうですし。

 次に言葉です。国際化社会の中でこんなことを言うと非難されそうですが,私は正直外国の方を見かけると私は少し身構えます。彼らにいじめられた過去があるとかではないのですが。理由は簡単,私は日本語しかわからないからです。間違って伝わったらいけないと思ってしまいます。外国語の上達のコツは恐れず話してみることだともいいますが…うーん,私はいいかな。そこに割くエネルギーは,それを必要としない方への治療に回したいところ。なので特に気が変わらない限り,当院は「ジャパニーズ・オンリー」の方針です。外国人の方を拒否するわけではなく,日本語でお話できない方はゴメンナサイという意味です。あくまでも,雰囲気だけで分かった気になって間違った施術を提供しないためです。色々意見はありますが,単語じゃ会話は無理なんじゃないかなと思います。「私 リンゴ 好き ない」では,好きだけどリンゴがないのかリンゴが好きじゃないかハッキリしません。そういうことです。
 
 「来年の事を言えば鬼が笑う」という言葉があります。私のおかげで彼らは今程よく腹がよじれていることでしょう。ただ,何も考えず「休みましょう」なんて言えません。

【受診】受付方法改善のお知らせ

 お盆の期間は街から人が減り,来院者数も減ってしまう…と思っていましたが,いざ蓋を開けてみると逆でした。お盆に意外と盛り上がり,終わってから寂しい感じになっています。言い直します。最近は空いています。割とすぐできます。

 さて,前回の記事でも触れたのですが受付の仕方にちょっとした変更を加え「順番のお取り置き」を承るようにしました。
「ウナギに行ったら1人待ってる。案内までまだ時間がありそうだから軽く買い物を済ませてしまいたい。でもその間に他の患者さんが来てしまったらまたその後になってしまう…」なんてことがあるかもしれません。
 
 そんな時にはこの「順番のお取り置き」をご利用いただきたいと思います。こちらから大体の予想案内時刻をお知らせします。その5分くらい前までに戻ってきていただければ,外出中に新たに患者さんがいらしていても順番を確保できます。
※時間に遅れてしまった場合は無効になってしまうのでご注意ください。
※予約ではなくあくまでも一度いらしたもののすぐにご案内できない場合での対応です。「〇時に来ますのですぐ案内してください」というご要望にお応えしかねます。

 ひとまず,お知らせでした!

【日程】2019年9月の千石ウナギ整骨院



8月も後半になりました。更新頻度が下がっている今日この頃で,ようやくの更新なのであれこれ喋りたい気も山々ですが,まずはご連絡。
9月はこうなります。あと,混んでいる時の順番のお取り置きを始めます。これにより「ちょっとライフに行ってくる」ができるようになります。
来月の主な変更点は以上です。よろしくお願いします。

【受診】久しぶりに通院したら料金が上がった!なぜ?

 当院を保険治療でご利用になる患者さんには
「通院間隔が一カ月空くとまた初診さん扱いになります。なのでそうなる前にまたいらしてください。」とお話ししています。初診さん扱いというのは,以前当院にかかったときの症状を引き続き治療するというのではなく,また新たにおケガをしたという認識のもとで状態を再度お伺いして一から治療を行うということです。その手順が加わるため,初診料もかかります。各院の事情によって料金改定が行われることもありますが,久々に行ったときに料金が上がっていたとすればそれは通院の間隔が1カ月以上空いてしまった場合がほとんどでしょう。なぜ一カ月かというと…そりゃあ,一カ月も治療せずに放置できるようならそれはもう治ってるよね,といえるからです。

 そうするとよく起きることは,患者さんの認識と実際の費用の相違です。簡単に言えば「え?〇〇〇円じゃないの!?」です。当院でもあります。正直なところ,一回だけ来てしばらく音沙汰なく数カ月ぶりに再び来院したような方には何の躊躇もなく言えるのですが,週3くらいで本当によくいらしてくださっていて,お仕事やご出産などの事情でやむなく一カ月空いてしまったといういわば常連さんにいう時はもう心苦しいです。ごめんなさい本当に申し訳ないんですけど頂かないと怒られちゃうんで初診料込みで下さい…となります。

(まぁ実際…一度常連さんになってくださった患者さんは既にそういったお話を済ませているためそういうときに「え!?」となることはほとんどありません。なるのは逆のパターンです。半年前とかにちょっと来た人とかが「次は500円って聞いたぞ!」とお怒りになります。そうですね確かに言いましたその通りです。同時に言った,効果が消えないうちにまた見せてくださいというお願いを守って頂いた場合…ですが。)
 
 もうじき消費税法に変更がなされ,収入が変らぬまま税率だけが引き上げられます。追って詳しくご連絡しますが,当院の料金にも変更点があります。内容そのままでただ上げるだけにならないようにしようとは思っています。

【お盆】日程のお知らせ

世間では連休の期間です。9連休になる方もいらっしゃるとか。こう暑い日々ですので,この機にしっかり身体を休めてください。熱中症にはくれぐれもご注意ください。
さて当院は,特に気にせず通常通りの動きをします。

具体的には…
8/12(月) 通常日程
8/13(火) 通常日程
8/14(水) お休み
8/15(木) 通常日程

8/16(金) 通常日程
8/17(土) 順番制(9時~14時) 予約制(15時~19時)
8/18(日) 予約制(16時~20時くらい)

いつも軒先で世間話に付き合ってくださるまわりのお店がみなさんお休みなので寂しいです。院の前を通る人が少なく寂しいです。患者さん,やはり少ないです…寂しいです。
この期間中は多分こんな感じでのんびり時間が流れます。気軽にお越しください。初めての方,久しぶりの方も大歓迎です。





さきほど「いつやってていつやってないかわかりづらい!」とのご意見を頂きました。本当に申し訳ないです,心苦しいばかりです。

翌月の日程を発表するのは大体前月の20日くらいで,その頃からこのブログや口頭,一部SNSでのお知らせを行います。変則的な日程になることもあり,そうなるときはなるべく早めに言うようにしています。通院患者さんには耳にタコができるほどお話ししています。それでもやはり伝え漏らしはあり,上記のご意見をもらうことになります。

難しさは感じます。カレンダーは表に貼っている,このページにあげている,手書きの立て看板に書いている...できるお知らせはできる範囲でやろうとはしているのですが…。
なるべく早めに貼り出してあるカレンダーと,ここのブログ,公式LINEの3つが主軸の情報発信ツールです。特にLINEは現在ご利用いただいている患者さんに便利に感じていただいているようです。情報が来るのを待つだけでなく,患者さん側からも質問や予約の連絡ができます。


賛否あるかと思いますが,この院は来院患者さんの声を聞いて少しずつそのあり方のマイナーチェンジを図ってきました。利用してくださっている方がより利用しやすいようにする,来たいと思ってくださっている方の目に映る“入りにくさ”を取り除く。その繰り返しです。コロコロ変わるようなことにはならないように気を付けていますが,要望が多くまたそれに応えられる状況にあれば,変えていきます。なにせ当院はまだ「ひよこクラブ」を読み終えていない段階なもので。ウナギ整骨院ならぬ,レプトセファルス整骨院なんです。

ご意見,ありがたく頂戴しています。遠慮なく仰ってください。

【受診】順番制 VS 予約制,どちらがよいのか?

 一年前には考えられなかったことです。本当にありがたいことです。まさか私が「今日はもう順番待ちの方が一杯で,8時前ですが受付は終了させてもらいます!ごめんなさい!」なんて,スープがなくなったラーメン屋みたいなセリフを吐く日が来るとは。それも割と頻繁に。最近はお勤め帰りの方限定の20時からの予約枠を新設し,通常診療時間内の来院であっても終了間際の駆け込みだと予約の方優先になるor短時間治療になるシステムになっています。20時まで入れる従来のシステムの問題点を一気に解決し,空き気味だった16時~18時の入りが良くなったので,一見これは正解だった気もします。

 ですが先述通り,これはこれで問題もあります。

『以前は20時開始の1時間マッサージだってできたガラ空きの院が,久しぶりに19時ちょっとくらいに行ったら3人待ってる。夜は長いから待ってりゃいいと思ったら20時から予約優先だから今日は受付終了…どういうことだ!』

 という具合に,一年前の超閑古鳥時代にやっていた「ナンデモアリ受付」のシワ寄せが来たりもします。そうでなくても,こちらのキャパシティを理由にお断りするのは何とも心苦しく,こういうことが重なるとせっかく上がってきた調子を再び落とす原因にもなりかねません。どうにかしたい。

 そこでふと考え付く。以前から多くの患者さんから助言のあった「予約制への切り替え」はいかがなのだろうか,と。もともと入りやすさを追求していたため控えていたのですが,土日の予約制のウケが思ったより良く,予約を導入してから足繁くいらしてくれるようになった患者さんも少なくありません。その代わり枠が埋まってしまったら飛び入りの方を全て断ることになる欠点もあります。どのみち,ここら辺がひとりで運営することの限界点なのかもしれません。手があるとすれば施術時間の短縮ですが,料金同じで施術を早く切り上げる根性が私にはありません。

 今日なんかはあっさりしていました。つまり,ほとんどの患者さんを待たせずに施術できました。なのに,予約をしたいという電話を2件ほど断わってしまいました。結果論ですが,今日ならできました。混んだ時の対応と同時に混まずに多くの方に利用してもらう手として平日も時間限定の予約優先制導入を考えてみるのもいいのかもしれません。


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。