HOME > 初めての方へ

初めての方へ

あるゆる症状の原因になる背骨・骨盤のズレを矯正し治していきます。
マッサージをしているんだけど症状が変わらない方などご相談ください。
交通事故患者さんも多く来院しています。

1. 痛みのないソフトな歪み矯正施術

患者さまには、「痛くないですか?」とよく質問されますが、当院の施術は痛くありません。痛みを伴うと精神的な抵抗が生まれてしまい、施術の効果が得難いことにもつながります。
また、せっかく正しい位置に骨を戻しても、身体も驚き、反動が起きますので、副作用的な症状が起きる場合があります。こうしたことにならないためにも、痛みがなくソフトな施術をご提供しています。心にも身体にも負荷をなるべくかけず、きちんと正しい位置に戻す。それが、その状態を維持しやすい身体をつくることにもつながります。

2. 治療時間を効率よく短縮できる独自の施術

ウナギグループでは、治療時間をできるだけ短くするよう技術を高めています。治療にかける時間を少なくすることで、患者さまご自身が他に使える時間が増える、と考えております。そして、施術から受ける身体への負担も軽減されます。
そのために、スタッフ一同、患者さまの履歴や状態を共有し、誰もが的確な施術ができる仕組みつくりをしています。もちろん、最初に担当したスタッフがなるべく担当するようにもしていますが、他のスタッフが担当になっても安心してお任せください。

3. 健康な状態に戻ったカラダを維持するコアトレ

骨が正しい位置に矯正されると、それを維持できる身体つくりも重要です。それには生活習慣も大切になりますが、頚椎・背骨・骨盤を支える、腸腰筋・骨盤底筋・腰方形筋を鍛えることがとても大切です。これらの筋肉はインナーマッスルと言われ、普通の筋トレでは鍛えることができない身体の深部の筋肉です。
そのインナーマッスルに効率的にアプローチできるのが、コアトレです。ウナギグループで使用している機械は、エビデンスと医学的臨床があるものですので、ご家庭では鍛え難い体幹を育てることができます。

4. 交通事故治療

交通事故は突然遭遇します。患者さまの精神的・肉体的負担やストレス、傷は計り知れないものがあります。そして、多くの患者さまは、交通事故に遭遇したらどこの治療院に行ったらいいのか、何をしたら良いのか、保険は、料金は、などご存知ない方がほとんどです。
交通事故で心身ともにショックを受けているところに、手続きや治療の見通しが立たないのは不安で仕方ないかと思います。ウナギグループでは、交通事故治療も承っています。分からないこと、不安なことは気兼ねなくご相談ください。


ご利用の流れ


施術の流れ

1. 保険証をご提出いただきます

2. 問診表に記入していただきます

3. 問診票を元にカウンセリング

※「ゆがみーる」。徒手検査等

4. 治療開始

5. 治療終了


よくある質問

Q. 整骨院はどういうとき行けばいいんですか。

A. 肩のコリやハリ、慢性的な腰痛など骨と筋肉の痛みがある方はご来院下さい。

Q. 骨盤の歪みを治すと痩せられると聞きましたが、本当ですか?

A. 治療効果としてそのようなことはありませんが、結果的に体重が減っている方は見受けられます。

Q. 交通事故にあいました。治療はできるのでしょうか?

A. もちろん治療できます。

Q. 保険は効くの?

A. 各種健康保険、労災、生活保護、自賠責保険(交通事故)等の取り扱いをしています。

Q. 仕事帰りに行こうと思うのですが、着替えはありますか。

A. あります。

Q. 治療時間はどれくらいですか?

A. 保険診療ですとだいたい30分くらい(初診時はもうすこしかかります)です。

Q. 妊婦ですけど診てもらえますか?

A. しています。

Q. 痛くて歩けないのですが、往診はしてもらえるのでしょうか?

A. もちろん伺います。時間等お問い合わせください(往診料¥200。遠方の場合は負担が増えるかもしれません)

Q. 人工関節やペースメーカーがある方は治療できますか?

A. 低周波等の電気治療はできませんが、マッサージなどは問題なくできます。

Q. 領収書・証明書等は発行できますか?

A. 領収書・傷害保険等の証明書など発行します。

Q. 女性スタッフはいますか?

A. 千石院のみ、女性スタッフが在籍しています。

Q. 治療費の領収証は医療費控除に使えますか?

A. 使えます。

Q. 仕事が遅くてなかなかいけないのですが、診てもらえますか?

A. もちろんです。
神楽坂院は20:00まで、四谷院は21:30までに入って頂ければ、施術をお受けいただけます。

Q. なぜウナギなの?

A. 柔らかく健康的な体をイメージしました。インパクトがあり、院長の好物でもあります。(余談)