HOME > 四谷3丁目 ウナギ整骨院のお知らせ

四谷3丁目 ウナギ整骨院のお知らせ

12月営業日のお知らせ


11月営業日のお知らせ


10月営業日のお知らせ


日本の新型コロナウイルス基礎知識編 #5.マスクは必要?

結論から申しますとマスクについては議論の余地がないと思います。
ですが、自分なりの考察で書かせて頂きます。



日本政府ではマスクの着用は推奨されており、今年に入りWHOでもマスクの重要性を訴える内容の文章が記載されました。

ボタンマスクに期待される効果

主には他の人への感染防止が目的です。 

飛沫の距離は、

普通の会話ベース→約2メートルの
咳やくしゃみ→約4メートル

飛散すると言われてます。

また、空気中の水分やホコリに付着するエアロゾロによる飛散も考えていくと、
マスクによる物理的的な防御は他の人への感染の確率を減らすには効果的だと思います。

しかし、マスクが防止効果があるという科学的な根拠はありませんし、マスクを付けることによる弊害も考えていかなければならないと思います。  

呼吸が浅くなることでの身体の負担は自己責任であることです。

①熱中症のリスク

気温が高い夏場は、酸素不足により脳に適切な血液がいかなくなりやすくなります。

②呼吸器疾患の悪化

喘息や肺疾患の方々には悪化のリスクが高くなります。

③頭痛などの血行不良による症状

酸素不足により呼吸器を補助する筋肉群が緊張し、頭痛などの症状を起こすリスクが上がります。

④低酸素症

酸素不足により、運動時など呼吸器を著しく使う場合や、高齢者や小さい子供など呼吸器が弱い方は症状が出るリスクが上がります。

③継続して正しく使用することの難しさ

○布製などのマスクではウイルスが付着しやすかったり、何度も洗うことでカビが出る可能性があります。

○同じマスク装着したり外したりする際に感染リスクが上がります。

○鼻や顎などが出た状態では飛沫防止効果がさがります。

マスクを日常的に着けた場合の弊害こそデータに出ませんので着用の有無は状況を考える必要が十分にあると思います。

マスクにはメリットもデメリットもあるわけです。着用の基準は必須ではなく、あくまで咳エチケットとして推奨されていることです。


個人的に、本当の最大の弊害は心因的な部分だと思います。
特に誹謗中傷をしたり強要することではありません。

同調圧力や自己の正義の押し付け合いによる水かけ論に意味はありません。
リテラシーとは互いを思いやってこそのものであり、そもそも着用の有無は確定事項ではないので、議論する余地は無いと思います。

ただ、着地点は考えていく必要があります。
このままコロナウイルスのみに特化した条件のまま永続的に着用するのでしょうか。
他のRNAウイルスのように無くならない可能性はあります。
もし、ここまで生活に根付いたマスクを外す時が来る際は外す根拠をしっかり把握しなければなりません。
同調や心因的な理由に身を任せて考えてしまえば、正当も過ちも次に活かす為の精細ができません。
厄災も価値ある情報に変えることで次につながっていくものだと思います。

患者様からの質問コーナー ♯3.手首の痛み Carpometacarpal boss

患者様から頂いた質問にブログでお答えします。

以下、患者さんとのやりとりです。
サービス業/女性

患者さん:手の甲に突然ぷっくりと中には水がたまったように少し柔らかいできものができました。押すと痛いです。


大内:動かして痛みでますか?

患者さん:手の甲側に返すと痛いです。これなんですか?

大内:Carpometacarpal boss(カーパメタカーパルボス)です。

患者さん:!?何ですか?

ボタンCarpometacarpal boss(カーパメタカーパルボス)


第2・3中手手根関節と有頭骨、小菱形骨の間の骨性隆起による手背部痛の原因となります。


指より下の手部には、
①中手骨とよばれる鳥の手羽先のような骨

その下に、
②手根骨とよばれる小石のような骨が並んでます。

今回は中指の中手骨と有頭骨(手根骨の1つ)が噛み合わず手の甲側に出っぱっている(凸している)状態でした。

仕事上手を酷使していた為、腫れっぽくなり水がたまったようです。

主な痛みは、圧痛(押す痛み)や手の甲側に動かした時に痛みが出やすいです。


患者さん:ガングリオンじゃないんですか?

大内:ガングリオンは関節の袋に水が溜まっている状態ですので、とても似ていますけど、あくまで袋なので骨の出っぱっている感じはありません。
整形外科でレントゲンとって確かめて下さい。

患者さん:治療はできますか?

大内:変形によるものなので形は変わりませんが、痛みを和らげる治療はできますよ。

患者さん:治らないんですか?

大内:手術でしたら治せると思いますが、痛みが強くなければ、痛み止めの薬に頼らなくても治療で和らぐ可能性は十分にあります。

患者さん:普段はどうしたら良いですか?

大内:負担をかける動作はなるべく避けること、後は患部をよく温めて下さい。


根治は手術を要します。
ただし、血行がよく周囲の筋肉や関節の動きが良い状態であれば痛みは出にくくなります。

痛みは患部を酷使して血流が悪くなった際に、腫れ、水が溜まったりするとより出やすくなります。

当院では、指先や手首の関節や筋肉へのアプローチを施術にて行えます。
腱鞘炎や三角繊維軟骨、バネ指など、その他の指、手首の痛みでお悩みの方はご相談下さい。

新型コロナウイルス基礎知識 ♯4必要な情報②

社会の情態については色々な見方があると思います。特に経済状況における考え方はとても意見がしにくいと思ってます。

問題視しなければならない点の1つは、誹謗中傷、議論の水掛け論についてです。

お互いが言い争うことが良くないことは当たり前だと思います。

しかしコロナウイルスでの生活のストレスや観点の違いから起こり得るのも当たり前なのかもしれませんが、

争点が例えば、「怖い、怖くない」、「迷惑をかけるな」などの感情的な部分である場合は1度冷静になって考えてみた方がいいと思います。

感情論について話し合ってしまうととても危険です。感想は人それぞれです。

今回の原因はあくまでも「災害」であることを認識していなければ話しがあらぬ方向に行きがちになります。

倫理観や思想を議論すれば当然水掛け論になり、宗教論争でもしてるかのような話し合いになってしまいます。

災害である限り人対人ではありません。人災では無いのです。
人対ウイルスの構図を認識しなければなりません。

あくまでも主軸は心理学や道徳の分野ではなく、公衆衛生や病理の分野です。

症状の特徴や重症度、死亡率、他のウイルスとの比較検討。ウイルスの歴史からの今後の見通しや現状からの今後の推察、現状の措置や対応など。
論理的な話し合いにしか議論に実りは出ないのではないでしょうか?


むせて咳をしてる健康な人も、
別の呼吸器疾患をもっている人も、
外で1人でマスクを外している人にも、
陽性率の多い地域に住んでいる人も、
疑心暗鬼が偏見に変わり攻撃対象になってしまいます。
どこまで気を使うかは人それぞれですし、理不尽な行動や言動は本当に良くないです。

未知の災害であるからこそ解明されるまでの不安はあると思いますが、似たようなウイルスは現状すでにいくつも蔓延しており、いくつもの過程を経て大半の方々は今よりは平然としていたわけです。

異常事態を感じているなら、早く収束したいと感じているなら、感情にゆとりが無いなら、確りと知識を蓄えて話しあえば、正しく怖がり、お互いが正しく気を使うことができるのではないでしょうか。

9月営業日のお知らせ


日本の新型コロナウイルス基礎知識 #3.必要な情報

新型コロナウイルスについては見解は様々、日毎報道やSNSを通して情報は錯綜状態になっているように見えます。

それでも着目するポイントはある程度抑えておく必要があり、必要な情報だけ随時抜粋しておく必要があります。

私としましては、

「病気」としての影響
「社会」としての影響

双方から見ていくことが大事だと考えます。

「病気」としての影響でのポイントを考えてみます。

①症状把握
②死亡率
③重症者数
④症状が類似する他のウイルスとの①と②の比較

「症状把握」は前回のブログ「新型コロナウイルスの基礎知識 ♯2」を参照お願いします。

「死亡率」に関して

先ず前提条件はPCR 検査ベースなので、陽性者と感染者が混ぜこぜの数字なので正解な数字ではないです。
(PCR 検査の概要は前回のブログ♯1を参照お願いします。)

それでも緊急事態宣言後は、死亡率は格段に下がったように思います。
年齢も高齢者が9割型で30代以下の死者は殆どでてません。

しかし、注意すべき点がいくつかあります。

①死亡報告は遅れてやってくることです。

ウイルスに感染してからある程度時間をおいてから死亡するケースを考えると時間の経過と共に傘増しされていくのてはないでしょうか。

②死亡超過の推移

死亡超過は原因不明の死因からコロナウイルスの関連死を考えるヒントになります。現状は推移はあまり増えていません。

「重症者数」について

重症者は、

ボタン人工呼吸器の装着
ボタン気管挿管
ボタン人工心肺装置「ECMO」の装着
ボタンICU=集中治療室

の治療の4つのうち、いずれかに該当する場合としています。

この状態になると生存率、死亡率は五分五分の状態になります。

ただ、酸素吸入をしないと危ないと判断された感染者が「中等症」に該当されますが、この時点でも悪化のリスクは高くなってくると思いますので細分化された発表が見たいですね。

「症状が類似する他のウイルスとの比較」
について

現状はインフルエンザとの比較がよくされています。
今年に入ってインフルエンザの感染者数は256万人、死亡者は約3千人に上りこれでも例年よりかなり少ない方です。
この数字だけを見ると圧倒的にインフルエンザの方が重症者、死者も多いです。

ただ新型コロナウイルスについては今年が流行年の初めての年です。

科学的な根拠はありませんが、冬にウイルスは重症、死亡率があがるデータがありますので、新型コロナウイルスも通年を通して見て行かないとはっきりと実態が見えないと思います。


他にも見るべきポイントはたくさんあるのかもしれませんが、毎日の報道やネットでの最低限の情報としてこの部分だけでも把握しておけば、現状起こっていることが把握しやすいと思います。


私見ですが、毎日何人陽性者が出たとか著名人が感染したことなどインパクトのあるニュースも多いとは思いますが、今の現状を把握する内容とはズレを感じます。

病気と向きあうには、必ず症状を把握し、数字やデータを前提に見ていくことが大事です。

イメージだけが先行してしまうと、想像力が偶像を創りあげてしまいかねません。


最後に

これまで多くのウイルスを、研究者の方々が研鑽して解明してくださった歴史があります。
その方々が前提条件の土台作りをしてくださっています。
今回も多くの医療従事者や研究者が収束に向けて先導してくださるのでしょうが、右に習う行動よりも、個人個人がウイルスに対しての知識や意識を向けることで事態の収束を早めることができるのではないでしょうか。

次回は、「社会」への影響偏です。

患者様からの質問コーナー ♯3.産後の関節痛

産前、産後に起こる身体のトラブルはたくさんあります。

その中でも多いのは関節痛です。
中でも炎症を伴うものは悪化すればかなり痛くなることもありますし、注意の必要な症状もあります。

今回は、産後2週間目くらいで膝、足首が痛みだして腫れてきたとのことで来院されました。

考えられる原因はいくつかあります。

①産前の体重増加により負荷がかかっていた

産前は、抗炎症効果のあるステロイドホルモンが多く分泌されてます。
その為、腫れを起こしにくい状態ですが、産後になると抗炎症効果のあるホルモンの分泌が少なくなります。

産前にダメージを受けていた部位が炎症反応を起こしてしまうことがあります。

②カルシウム不足

授乳中はカルシウム不足になりがちです。
カルシウムが不足した状態では関節痛やこわばりが起きやすく、関節が固まってしまったり、逆にカクカクするような症状が出ることがあります。
状態が悪くなるに従って炎症も起こしやすくなるため、こわばる感じがあったり、浮腫みが出やすかったりと、軽い症状を感じた場合でも意識して栄養補給することが大事です。

③産後の生活の変化

産後は今までの生活スタイルがガラッと変わり、抱っこや買い物、家事を始め産前より身体を使う機会が増えます。

産前で身体をあまり動かせない時期に、筋力が弱ってしまいオーバーワークやオーバーユースを起こしやすくなります。
その為、関節への負荷が強くなり痛みとして現れやすくなります。

③関節リウマチ

産前から産後にかけて元の身体に戻す為、ホルモンバランスが目まぐるしく変化します。

それに伴って免疫力が低下し、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患に由来する膠原病にかかりやすい時期になります。
とくに朝の手のこわばりや、手指などの末端部分が腫れてきた場合は必ず疑った方がよい症状です。

出産による身体への負荷はとても多きなものです。
違和感程度でも異常が出る前に早目の処置が大切になります。
産後身体の状態が気になっている方は当院にご相談下さい。

正しい歩行で姿勢改善 当院の治療紹介 #2

梅雨明けから急転直下連日猛暑日続きですね。
急激な夏の暑さについていけるかどうか不安ですが、少しでも季節に慣れる為には、気温のピークを避けた朝夕になるべく外に出るのが良いと思います。

熱中症には気をつけつつ、水分補給や苦しくなった時は我慢せずマスクを外す選択も考えた方が良いと思います。

特に高齢者の方、小さいお子様等は充分にお気をつけ下さい。

緊急事態宣言以降、自粛から今の猛暑日まで運動する機会が減った方もいらっしゃると思います。
当院では歩行に自信が無い方に歩行のトレーニングを行っております!
目的は、

①歩行が不安定な方

②キレイな歩行を覚えたい方

③スポーツなどで動きのパフォーマンスを上げたい方

に対してのトレーニングになります。

「歩く」ことは一生で1番行う運動です。
言い換えれば当たり前のことです。

ですので、歩くことは難しく無い方が殆どですが、
我流で歩くことから正しく歩くことでは?人によっては難しくなります。

左右のバランスは均等?
前後の重心は?
意識している部位や筋肉は?
どうすることが歩くことで大事でしょうか?


本来の正しい歩行が出来れば、多くのメリットがあります!

○私生活やスポーツでのパフォーマンスの向上
○良い姿勢の保持
○全身の筋肉の負担の軽減
○関節痛などの負担の軽減
○骨格の変形防止
○バランス感覚の向上
○見た目の印象

等々、1番行う運動だからこそ1番気にすべき運動ではないでしょうか?

トレーニングの内容は、深部感覚(運動神経)を鍛えることが中心で、主にアウターからインナーマッスル主体で動くことから始めます。
身体のパーツごとの動きを始めはゆっくりとした運動で確認しながらフォームを改善していきます。

少しずつスピードや負荷を上げながら本来の歩き方に近づけていきます。

性別、年齢は問いません。練習を重ねて上達すれば一生モノになることは間違いありませんのでご興味ある方はご相談下さい!


123456

アーカイブ